スキンクリアクレンズオイルの成分|敏感肌やアトピー肌には危険?!

スキンクリアクレンズオイルの成分

「スキンクリアクレンズオイルは肌が弱くても使える?」「洗顔で本当に肌がキレイになるの?」と成分が気になる女性向けの記事です。

 

スキンクリアクレンズオイル

 

アテニアのクレンジングが気になるけど、敏感肌、乾燥肌、アトピー肌で使うのに不安がある、クレンジングオイルは肌に刺激になりそうで抵抗がある、本当に美肌効果があるのか不安、そんな女性は参考にしてください。

 

 

 

スキンクリアクレンズオイルは敏感肌や乾燥肌の女性でも使えます

 

スキンクリアクレンズオイル(アロマタイプ)の成分

 

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、★アメリカネズコ木水、★レモングラス油、★ベルガモット果実油、★ビターオレンジ花油、★ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、★香料、フェノキシエタノール

 

★=無香料タイプには含まれてない成分

 

 

スキンクリアクレンズオイルに危険成分は配合されてません。

 

肌あれが心配な女性も安心して使えます。ただし、肌質には個人差があります。敏感肌、乾燥肌の女性でもふつうに使えてますが、100%保証するものではありません。

 

今日は大丈夫でも、体調によっては明日肌荒れする可能性もゼロではありません。

 

 

 

 

 

アトピー肌の女性でもスキンクリアクレンズオイルは使えますよ

 

アトピー肌の女性でもスキンクリアクレンズオイルを使っても問題ありませんでした。

 

肌にコンプレックスがある友達に頼まれ、自分のスキンケア法を教えたことがあります。

 

 

いきなり美肌を目指すのはハードルが高いということで、まずは基礎を作りからスタート!

 

「美肌の基礎は洗顔」というのが持論なので、迷わずアテニアのクレンジングを教えました。とはいうものの、アトピー肌なので洗顔料にも気を配らないといけません。

 

 

家に泊まりにきたときにクレンズオイルを使って洗顔してもらいました。成分を確認してもらってから、お風呂場で使用。

 

「肌がピリピリしたり乾燥しない!」とすぐに気に入ってくれました。

 

アトピー肌に悩む女性

 

 

すぐに注文したようで2週間、4週間とたつにつれて肌が明るくなってるように感じました。少しずつ肌に自信がついてきてメイクを薄くしてると聞き、自分のように嬉しく思いました。

 

 

わたしはアロマタイプを使ってますが、友達は無香料のスキンクリアクレンズオイルを使いました。ちょうど使いかけの無香料タイプが残っており、アロマと選択してもらいました。

 

スキンクリアクレンズオイルの美肌成分

汚肌に悩む女性

 

なぜスキンクリアクレンズオイルで洗顔すると肌がきれいになるのか、代表的な成分を確認しておきましょう。

 

ロックローズオイル

 

ロックローズから抽出してる、スキンクリアクレンズオイルの核となる成分です。

 

角層にこびりつた肌ステインをゆるめて切り離す効果が期待できます。

 

 

スキンクリアクレンズオイルを開発してるメーカー、アテニアが日本ではじめて化粧品に成分として配合しました。

 

抗酸化力に優れてる成分なので、アンチエイジングが気になる女性におすすめです。

 

 

イモーテルオイル

 

肌ステインが発生するのを防ぐ効果が期待できる成分です。

 

肌ステイン自体がエイジングの原因といわれてますので、ロックローズオイル同様に、アンチエイジングが気になる女性におすすめです。

 

 

肌ステインとは?

 

環境汚染物質や多忙、ストレス、睡眠不足などでホルモン分泌が乱れると交感神経が優位になります。すると過剰な皮脂分泌がはじまり、その過程で生まれた活性酸素が肌にダメージを与えます。

 

活性酸素と角層のタンパク質が酸化して結びつくと、肌のきばみが生まれます。このきばみが「肌ステイン」です。

 

肌ステインは通常の洗顔(クレンジングも含む)や美白化粧品でさえも落としにくいと言われています。

 

 

 

 

アルガンオイル

 

毛穴ケアに効果的な成分です。毛穴につまった汚れだけでなく、角栓や過剰に分泌された皮脂の除去にも効果的です。

 

 

角栓とは?

 

肌の表面にある角層では細胞(角質)の生まれ変わりが繰り返されています。

 

角質は28日周期で生まれ変わるのですが、加齢や外部刺激の影響で周期が遅くなっていきます(ターンオーバーの乱れ)

 

すると本来はあかになって肌から剥がれ落ちるはずの角質が、いつまでも肌に残り続けることに。

 

この古い角質や皮脂、落としきれなかったメイク汚れなどが混ざりあって生まれるのが角栓です。読み方は「かくせん」

 

「栓」という字からも分かるように、毛穴をふさぎます。

 

 

 

バオバブオイル

 

角層の水分を保つのに効果的な成分です。

 

クレンジングオイルを使いたいけど、肌にダメージが残りそうで怖い!という女性におすすめの成分です。

 

一般的に洗顔は汚れだけでなく、肌に必要なうるおいまで洗い流します。特にクレンジング剤を使うと肌が乾燥しやすい、という女性におすすめの成分です。